親子で海外生活をする理由と意義

安全で、危険でない道を苦労せずに歩んでいくこと・・

損をしないで、お得な道を歩いていくこと・・

レールに乗って、従って、進んでいくこと・・

これをすると、人生というのは、結局はうまくいかなくなる・・・そうなのです・・。

幸せな人生にするためには、この反対を進んで行かなければいけないようなのです。

 

親子で海外生活をする理由を考えてみたら・・

 

かわいい子供には旅をさせよ・・昔からこのように言われています。

つまりは、ある程度苦労をさせなさいという意味だと思うのです。

大人になってから、仕事で苦労するより、子供時代、学生時代に先に苦労をして、

確実に将来の仕事の基礎、土台を固めてもらいたい・・と親として思ってしまいますね。

我が家も海外生活8年目となっています。

子供は、ずっと苦労といえば、苦労をしております。

語学を学び続けていて、英語からはじまり、ドイツ語になり、学校の授業には問題ないとはいえ、

まだまだ、大学へ進むために精進しなければいけません。

語学は手段であり、ここから、専門的なものを身につけて、職業に結びつけていかなければいけないのです。

しっかりとやるためには、英語も大変だし、ドイツ語も大変だよ・・と息子談です。

学生時代に苦労するのがいいことなので、ぜひぜひ、若い時代に切磋琢磨してもらいたいと思っています。

人生とは、忍耐である・・本当に、親子共々そう思います。

また、私も親として、滞在するための苦労というか、精進を積み重ねてきています。

終わりのない旅です。苦労と思わずに、楽しみとして進んでいくことがコツです。

子供時代に関わりがなかったことは、大人になってもほとんど成功しない・・

こんな言葉を目にしまして、多くのことを経験させて、見て、聞いて、感じて・・を繰り返していくことが、子供時代には大切なことがわかります。

子供時代に日本だけにとどまっていたとしたら、大人になって、海外に出るチャンスはほとんどないのかもしれません。

 

海外生活をするチャンスは、誰も与えてくれない、自分でつかみとるしかない!

 

海外生活をするチャンスは、ご主人さまの海外駐在や転勤についていくこと以外は、自分で掴み取るしかないというのが現実となります。

お父さんの海外駐在や転勤といっても、長くても5年くらいなもので、2カ国を渡り歩いたとしても、8年前後になります。結局は、日本に帰国となってしまうのです。しかし、ご主人さまの海外転勤のチャンスがある方は、ラッキーであるともいえます。

ご主人さまの海外転勤がない方は、お母さんは、自分でチャンスを掴みとるしかないのです。

いつ、どのようにして、海外生活のチャンスをつかみとりますか?

いつか海外生活をしたい・・と希望したとしても、今、掴み取らなければ、永遠にそのチャンスはやってきませんし、逃してしまいます。

何かを犠牲にしなければ、新しいことは、掴みとれないとも言えるのです。

実際にドイツに来られている方がどんな理由で動かれたのか・・その方によって、いろいろな理由があると思いますが、やはり、311の理由や大気汚染の理由などの方も非常に多いのです。

子供のための決死の覚悟だと、動きも早くなりますね。我が家も実際にそうですし、大人のつべこべなどは、関係なく、何が一番大切なのかということで、命ということで、素早い行動をとることができました。親がどのように考えるのか、親のものの考え方が、子供に直に影響をしていきます。

結局、子供の意志を尊重したいと言っても、親の価値観の範疇の中で、子供は動くしかないので、親が世界を広げない限り、親が子供の可能性などをせばめてしまっています。

親が海外のチャンスを与えない限り、子供は受け取ることができないのです。

子供にどんな苦労をさせたいですか?

子供には、苦労をさせればさせるほど、サバイバルの力がついてきますので、積極的に切磋琢磨させたいですね。

レールに乗った人生を与えることだけは、避けていきたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

ドイツのベルリンよりライブ情報を発信しています。 オーストラリアに3年間の親子留学ののちに ドイツベルリンに教育移住。 ドイツや英語圏への親子留学のサポート をしております。また、お母さんの在り方としての 母親学についても発信中。