親子留学 子供の教育 英語教育 オーストラリア 教育全般

オーストラリア以外の英語圏を探して世界一周

世界を見渡すと、英語を母国語で、ネイティブで話す人は、 30%しかいないのです。驚きですね。 その他の70%は、非英語圏、英語ネイティブではないのです。 ですから、発想の転換をすると、 英語がネイティブでない人のほうが、多く、大多数なのです。 ということで、英語圏を探して、世界一周してみましょう。

オーストラリアケアンズの朝

オーストラリアケアンズの朝

 

アメリカ, カナダ, イギリス, アイルランド, オーストラリア, ニュージーランド。。。 まずは、代表的なところからですね。。

では、次にアジア、オセアニアを周って、欧州の英語圏へGO! (だいたい、英語圏という感じでしょうか。

香港。。。シンガポール。。。マレーシア。。。ブルネイ。。。 フィージー。。。 フィージーをはじめ、オセアニアのいろいろな国は英語圏です。 ツバル、トンガ、パプアニューギニアなどなど 東ティモール。。。スリランカ。。。インド。。。オマーン国 キプロス共和国。。。マルタ共和国。。。 マルタ共和国で、親子留学!なんていうのも、ありますものね。。。

オーストラリアの有名な大学でインドキャンパスもあります。。 南アフリカをはじめ、アフリカ諸国にも、英語圏がある。。 オーストラリアの有名な大学で、南アフリカキャンパスもありますね。。

中米、南米にも、英語圏があります。 中米では、ラテン系音楽ででダンスするような国がずらり。。 アンティグア・バブータ。。。グレナダ。。。ジャマイカ。。。 セントクリストファー・ネイビス。。。バハマ国などなど。。 南米では、 ガイアナ。。。スリナム。。。です。 実はこの中に、英語を学ぶ、とっておきの穴場があるかもしれません。。

また、英語圏ではないけれども、英語率が70%~80%の 北欧やヨーロッパの国などもあります。 少しだけ、世界が広がった。。視界が広がるような気がしますね。。 子供さんと英語圏を探して、世界地図を眺めてみませんか。

[kanren postid="277"]

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Iori Soeda

2020年は、親子留学も10年目となり、4月には本も出版したことから、新たな境地で子供の教育について考えていて、新しい時代へと変わっていくことをひしひしと感じています。子供の個性や独自性を最大限に伸ばしていくにはどうすればいいのか・・ここが大事であると思っています。

-親子留学, 子供の教育, 英語教育, オーストラリア, 教育全般
-

Copyright© 親子留学のすすめ 自分を表現できる子供になるために , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.